スピードミントンについて

スピードミントンの歴史

スピードミントンはバドミントンを屋外で行うためのバリエーションを試行していたベルリン在住のBill Brandesによって考案された。通常のバドミントンを屋外でプレーしようとするとシャトルコックが軽いため風によってプレーに支障が出てしまうためである。 バドミントンとほぼ同じように見えるが、シャトルコックは重くなっておりゲームのテンポも速い。 このニュースポーツに考案者が最初につけた名前はシャトルボール(shuttleball)であった。2001年にスピードミントン/スピードバドミントンと改名されている。 2003年にはドイツ国内で競技人口が約6,000人にものぼった[1]。ただし、ドイツでの競技人口は増えたが近隣諸国を含めた国外での知名度は低いものであった。しかしながらも、2005年には最初のチャンピオンシップがベルリンで開催されている。 欧米を中心として約20カ国でプレーされており、日本では2005年から行われるようになった[2]。

スピードミントンのルール

ゲームの目的は相手側のスクエアにシャトルコックを直接打ち入れることである。 * サーブを失敗した時 * シャットルコックが相手のスクエアに届かなかった時 * コートに着いてから打ち返した時 * 二度打ちした時 * シャトルが体に当たった時 以上の場合は、相手の得点となる。 ゲームはどちらかが16点を取れば1セットとなる。ただし15点もしくはそれ以上のスコアで同点となった時は2ポイント差がつくまで延長して行う。5セット制でどちらかが3セット取れば勝ちである。1セットごとにサイドを交代する。 サーブはアンダーハンドで行い3点入るごとに交代する。ただし、スコア15対15以上になった時は交互に行う


[PR]  おまとめローン 比較 カードローン 低金利 筋トレ 方法 円形脱毛症 症状 中古ドメイン 中性脂肪 早漏 メタトレーダー オーストラリア ASX リアルタイム 性病検査 育毛シャンプー



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』